【メルマガVol.11】フリーランスが働きやすい島があるってホント?!

 

こんにちは!
プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 事務局の児玉です。

先週の13日、OECDが日本に対して、長時間労働の文化を変革することが必須、と公表し話題を呼びました。
フリーランスになると、企業から長時間労働を強いられることからは解放されるわけですが、仕事を請け負い過ぎてしまったり、計画通りに仕事が終わらなかったり……など、結果、長時間労働になってしまうことはあると思います。
とはいえ、会社員時代と圧倒的に変わったのが、「生産性への意識」。時間ではなく成果物に対して報酬が発生するため、賃金アップには時間当たりの単価を上げる必要があるからです。
長時間労働の文化を変えていくためにも、フリーランスはクライアントに対して工数意識を持ってもらえるような働きかけが必要!と強く思いました。

それでは、今週もメルマガをお届けいたします。

--INDEX-----------------------------
<今週のTOPICS>
1.【TIPS】「フリーランスが最も働きやすい島化計画」?!
2. 総務省発!「お試しサテライトオフィス」交流会のお知らせ
3. 【掲載報告】テレビ北海道、PRESIDENT Woman、弁護士ドットコムNEWSにて掲載!
4.【フリーランスの基本のキ】請求書の記載事項について
------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.【TIPS】「フリーランスが最も働きやすい島化計画」?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年7月に鹿児島県の奄美大島で始まった「フリーランスが最も働きやすい島化計画」。目標は、2020年までに200名のフリーランスを育成し、50名以上のフリーランスの移住者を呼びこむことだそう。「フリーランス寺子屋」という勉強会の開催、フリーランス部というコミュニティづくりのサポート、住まい探しのお手伝いなどを支援しています。
もともと、島内ではどこかに所属するのではなく、独立して家庭のなかで子育てをしながら特産品を作るというフリーランスの働き方が根付いていたため、奄美市ではフリーランスによる新しい働き方改革を支援するようになったそうです。
▼「フリーランスが最も働きやすい島化計画」
http://www.amami-freelance.com/

▼デザイナー必見! 自然遺産のシンボルマークに応募できる
奄美市の取組みで、フリーランス支援以外にこんな企画を発見。「奄美世界自然遺産トレイル(仮称)」のシンボルマーク・デザインの募集です。最優秀賞の副賞は25万円、奄美の特産品セット、飛行機の機体へシンボルマークの掲出。締切は5月23日です。詳しくは以下のページをご覧ください。
http://amami-trail.com/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.総務省発!「お試しサテライトオフィス」交流会のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
総務省の「お試しサテライトオフィス」プロジェクトにて、モニターとしてサテライトオフィスを設置してくれる企業を募集しています。
都市から地方への新たなヒトの流れや、地元企業・人材と連携したビジネスの創出に結びつけるために始まった本プロジェクト。都市部のベンチャー企業などにとって魅力的なサテライトオフィスを提供するために、1、都市部の企業の具体的なニーズの把握、2、誘致に向けた戦略やノウハウ。この2点の課題解決のための交流会が総務省にて開催されます。
将来的に、地方在住・移住希望のフリーランスが活用できるスキームになればいいですね。

▼自治体、企業、個人事業主が集う「お試しサテライトオフィス」交流会の詳細はこちら!

【開催日時】
4月24日(月)15:00~17:30

【開催場所】
総務省地下2階講堂

【内容】
<総務省説明>
・三大都市圏約1万社のサテライトオフィスに関するニーズの紹介
・今後のお試しサテライトオフィス事業の展開
<モデル地方公共団体による「お試し勤務」募集情報や事業コンセプトのPR>
<「お試し勤務」に関心の高い民間企業とモデル地方公共団体の関係者間での情報交換会(名刺交換会)>

【申込み方法】
以下のリンク先より申し込みください。
https://www.tdb-research.jp/survey/satellite-office/
※先着200名程度

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.【掲載報告】テレビ北海道、PRESIDENT Woman、弁護士ドットコムNEWSにて掲載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ありがたいことに、先週はメディアにたくさん取り上げていただきました!

▼テレビ北海道「けいざいナビ北海道」にて、パラレルキャリアの特集で紹介!

3月に永田町GRIDで開催した「パラキャリ未来会議 Vol.1」の模様を番組で取り上げていただきました。15日(土)の本放送は、すでに終わってしまいましたが、再放送が19日(水)深夜2時5分からあります。
ご覧になれる方は、ぜひチェックしてみてください!
http://www.tv-hokkaido.co.jp/news/keizai-nav-hokkaido/

 

▼現在発売中の『PRESIDENT Woman』(2017年5月号)の人気コーナー「拝啓 安倍総理大臣 働く女性からの要望書」に、フリーランス協会事務局メンバーと共同代表理事の平田の座談会と、共同代表理事の田中のコラムが掲載!

今回の要望書のテーマは、「フリーランスの働く環境」でした。座談会に参加した3名は、全員働くフリーランス・ママ。その立場から見えてきた「雇用保険に代わる制度検討」と「保育の多様化」について語りました。共同代表理事の田中もフリーランス支援の専門家としてコラムを寄せています。
書店で見かけた方はぜひご覧ください。
http://www.president.co.jp/woman/

 

▼弁護士ドットコムNEWSに共同代表理事、平田のインタビューが掲載!

協会設立時も取り上げていただいた「弁護士ドットコムNEWS」にて、共同代表理事、平田が「フリーランスの6つの課題」や「協会の今後の取組み」などについて語っています。
近々、社団法人化のご案内とともに、本会員向けサービスの詳細を告知する予定ですので楽しみにお待ちください。

https://www.bengo4.com/c_5/n_5968/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.【フリーランスの基本のキ】請求書の記載事項について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フリーランスにとっては、当たり前のように発行している「請求書」。意外に小さなトラブルに発展しているのをご存知でしたか? 未然に防ぐためにも、「振込手数料はどちらが負担するか」「支払期限の確認」「消費税の扱い(切り捨てか?)」については、事前に確認しておくといいでしょう。
また、慣れている人にありがちなミスが、会社名の表記間違い。特に前株・後ろ株は間違いやすいので、注意してくださいね。
以下は、国税庁が発表している請求書の記載事項5点です。
1、書類作成者の氏名又は名称 2、取引年月日 3、取引内容 4、取引金額(税込み) 5、書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称

春は、初心に返るいい時期。基本知識をもう一度、確認してみましょう。

▼国税庁「請求書等の記載事項や発行のしかた」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6625.htm

------------------------------------

フリーランス協会では、フリーランスに役立つ情報配信を行っています。
会員様からのご意見・ご要望も、お気軽にご連絡ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページでも発信中!
https://www.facebook.com/freelance.jp.org
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 事務局
http://freelance-jp.org/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう