【新規の登録申請受付が終了しました】政府助成で兼業・副業デビュー&軌道に乗せるチャンス!! ~ 中小企業庁の『中小企業デジタル化応援隊』に登録し、あなたのIT・デジタルスキルで中小企業のデジタル化に関するお困りごと解決しませんか~

このページは、「中小企業デジタル化応援隊事業」事務局より事業推進パートナーとして委託を受けた、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が作成したページです。

政府助成で兼業・副業デビュー&軌道に乗せるチャンス!!
~中小企業庁の『中小企業デジタル化応援隊』に登録し、
あなたのIT・デジタル経験を活かして活躍しよう~

——————————————————————————————————

【新規の登録申請受付が終了しました】

IT専門家等の新規登録申請受付が終了しました。

現在、支援を行っているIT専門家の皆さまの支援案件完了および支援実施報告の提出期限は2021年2月28日までとなっておりますので、期限内でのご対応をお願いします。

★謝金申請が2月末に集中されることが予想されます。特にご注意いただきたい点をまとめておりますので、ご確認ください。

【中小企業デジタル化応援隊】謝金申請時の注意点

★ 支援計画時より期間が延長されている場合、下記「様式5」の提出が必要です。

様式5 支援遅延報告書.ver.1.

——————————————————————————————————–

皆さん、『中小企業デジタル化応援隊事業』は、ご存知ですか?

この事業は、「IT専門家」として登録し、中小企業のデジタル化を支援した場合、業務委託報酬のうち最大3,500円/時間(税込)を政府が助成するというものです。DX(デジタルトランスフォーメーション)を進めたい中小企業にとっても、少ない費用負担で「IT専門家」に仕事を依頼できるメリットがあります。

フリーランス協会は、中小企業デジタル化応援隊事業のパートナー団体として、フリーランスや副業で活躍したい方々が本事業について理解し、「IT専門家」としてスムーズに登録できるようお手伝いをしています。

中小企業デジタル化応援隊事業IT専門家募集について

~こちらの資料でIT専門家についてわかりやすく纏めております~

今回の事業では、ITやWebなどの仕事に就いていなくても相談に対応できるスキルや知識があればOK!特別な資格や職歴は問いません。副業・兼業の方も大歓迎です!

ITの特別なスキルは持っていないけど・・・こんな人も「IT専門家」です!
✅Zoomで会議や研修ができます!
✅クラウド会計使えます!
✅テレワークの導入経験語れます!
✅ネットショップの運用経験あります!
✅SNS発信が得意です!

自分では当たり前だと思っていたスキル・経験で役に立ちたい
コロナ禍で新しいビジネスモデルや副業に挑戦したいなど…
中小企業の役に立ちつつ、自身のキャリアアップも実現できる、またとない機会です。

〜中小企業から実際にこんな相談が寄せられています!(例)〜
✔交換した名刺の管理や取引先の管理をデジタル化したい
✔️従業員の勤怠管理が全て手書きなので、効率化できる勤怠管理ツールを入れたい
✔️ 全国にいる同業者(複数名同時)とオンライン会議をしたい
✔️ テレワークについてまったく知識がないため何から相談して良いかわからない
✔️ クラウドツールの使い方をレクチャーして欲しい
✔️ ZOOMでオンライン研修をしているが、ZOOMに入れない人がいて困っている

☞具体的にどんな事をしているの?実際に制度を活用された方のインタビュー掲載!!
https://note.com/frepara/n/n58811c318071

手続きは全てオンラインで
専門家登録、支援計画の作成・提出、依頼者との契約、事務局への実施報告、謝金の支払い申請など全てオンラインで行うので、他の補助金等と比べて手続きが断然ラクです!!

マッチングについて
事務局に集まった相談案件の紹介を待つだけではなく、もともと面識のある中小企業に本事業の利用を提案し、中小企業と人材側が双方が登録してデジタル化支援の助成を受けるセルフマッチングも可能です。

効率的な活動をバックアップ
IT専門家をサポートする「ここからアプリ」や準委任契約書ひな型などの「支援提供パッケージ」の提供もございます。

IT専門家登録受付期間について
2020/9/1~2021/1/31まで

IT専門家登録ページについて
中小企業デジタル化応援隊事業ホームページ: https://digitalization-support.jp/※IT専門家の登録フォームの紹介団体では、「一般社団法人フリーランス協会」を選択してください。

 


IT専門家登録ガイド
迷わずスムーズに登録するためのポイントを絞ってお伝えします!

◎登録に必要な情報◎

・身分証明書の写真データ 表・裏(免許証など)
・顔写真データ(5MBまで)
・謝金振込み用銀行口座の画像データ
└通帳の場合:オモテ面の写真と1・2ページ目両方が確認できる写真の2点
└キャッシュカードの場合:オモテ面の写真1点
└Web通帳の場合:口座情報が確認できる画面キャプチャ画像1点
※必要に応じて残高表示のマスキングなどおこなってください。
・職務経歴書(添付希望の方のみ)

これらの情報と画像データを揃えておけば、登録作業は10~15分程度で完了します。
※一時保存機能がございませんので、全ての情報を揃えた上で、ご登録いただくのがベストです。

◎登録方法を解説◎

IT専門家登録フォームの入り口

入力必須。必ずご入力ください。

③支援実施報告における提出写真との照合のため、顔写真が必須となります。
高画質はアップロード容量オーバーになる可能性がありますので、5MBまで!

④職歴の実績コメントは必須です。なるべく具体的に記述しアピールしましょう。
職歴は、追加もできます。

⑤職務経歴書の添付は任意ですが、添付しておくと中小企業へのアピールになります。
後日、マイページから追加添付も可能です。

⑥謝礼の入金のため口座情報も必須となります。
通帳の場合は、オモテ面と通帳を開いた1・2ページ目が確認できる写真の2点を添付します。
キャッシュカードの写真(オモテ面)や電子通帳の場合は、口座情報の確認できる画面キャプチャでもOKです。その場合は、同じファイルを通帳写真①と②にそれぞれ添付してください。どちらにしても添付は2ファイルですね!

⑦身分証明書 免許証の場合は、表面・裏面の添付が必要です。
表面に氏名、住居、生年月日、顔写真が載っている場合は、表面の画像を2回添付します。こちらも添付は2ファイルですね。

⑧「入力内容を確認する」を押していただき完了です。※必要事項が入力されていない場合は、エラー表示が出ますので再度ご確認ください。
⑨入力が完了すると『【デジタル化応援隊事務局】IT専門家:登録申請受付完了のお知らせ』のメールが届きます。
⑩5営業日程度で事務局による審査を経て、『【中小企業デジタル化応援隊事業】IT専門家登録完了と今後の流れ』のメールが届いたら、登録完了です。

IT専門家登録申請には、必ず下記の書類をご確認ください。

IT専門家向けオンライン説明会(20201020開催)~登録方法・制度概要について~

中小企業デジタル化応援隊マイページ『全部Webで完結できる Meetupって何?』

ランキング


連載記事