一般会員は特別優待価格!【講座】一人ひとりの「キャリア自立」へ~各分野のプロから直に得られる密度の高い学びの時間

\\フリーランス協会一般会員は特別優待価格あり!1万円OFF!//
女性のキャリア開発支援専門の株式会社bouquetとフリーランス協会共催企画!コーチングのノウハウを凝縮して設計する全5回の連続講座「女性のライフシフトを考えるキャリア寺子屋」。

注目は、超一流のゲスト講師陣からの充実したフィードバック!
リクルートワークス研究所 人事研究センター長 石原直子氏や現役の新聞記者など強力な講師陣があなたのキャリア自立をサポートします。

Day 1の魅力紹介、そして気になるタイムテーブルを公開!
「とても気になるけれど、全5回を一括で申し込むのは悩む。一回体験してからにしたい、、、」と、思っている方には、朗報です!
Day 1の月謝をお支払い後、Day 1に参加した上で、”継続で残り4回に参加” をお決めいただければ、全5回の特別価格を適用いたします。

***Day 1 自己流からの脱却/経営者目線を持つ*** 
人生100年時代。社会人のための密度の濃い学びの時間が必要になっています。学びのプラットフォームを構築する必要性は、会社員であってもフリーランスであっても同じ。
キックオフとなるDay 1には、ゲスト講演 リクルートワークス研究所 人事研究センター長 石原直子さんをお呼びし、石原さん自らによる振り返りセッションや一人ひとりへのフィードバックが受けられる密度の濃い時間となっています。
これからの時代に必要な能力を知り、自分のパフォーマンスを最大化できるようセルフマネジメントの秘訣に迫ります。
【ゲスト講師】石原 直子 
リクルートワークス研究所 人事研究センター長 主任研究員

人材マネジメント領域の中でも、特にタレント・マネジメントを専門とする。企業におけるコア人材、次世代リーダーとなる人々を、日本企業がどのように獲得し、活用すればよいのかを解明したいと考えている。慶應義塾大学法学部卒業後、銀行、コンサルティング会社を経て2001年よりリクルートワークス研究所に参画。以来、人材マネジメント領域の研究に従事。2015年から2年間、機関誌Worksの編集長を務めた。2017年4月から現職。タレントマネジメント、リーダーシップ開発、女性リーダー育成、働き方改革等を専門とする。主な著作に『女性が活躍する会社』(大久保幸夫との共著、日経ビジネス文庫)がある。
http://www.works-i.com/outline/profile/石原-直子

【Day1タイムテーブル】
①9:00-9:30 導入セッション
学びに効果的な環境づくり
・キャリア寺子屋におけるメンターの役割紹介
・自己紹介〜相互理解ワーク
・各自、Day1のゴールセッティング
②9:30-10:30 ゲスト講演「働く」を取り巻く環境変化とこれからの日本女性の働き方   
リクルートワークス研究所 人事研究センター長 石原直子
世界中の「働く」を第一線で研究する石原直子が世界のリアルを紹介しながら、これからの「働く」を共に考えていきます。
③10:30-12:00 ゲスト講師 石原直子による参加者との振り返りセッション
講演の内容を振り返り、気付き・学びの言語化・語り合いを通じ、学びを全員のものにします。
・「働く」を取り巻く環境変化が、私たちにもたらす影響とは?
・私は将来、どんな働き方をしたいのか?
・それを踏まえて、私たちはどんな準備をする必要があるのか? 
互いの置かれている環境・境遇を知り合い、それぞれが「今いる」場所を明らかにします。
④12:00-13:00 キャリア寺子屋1期生 キックオフ
ファシリテーター 株式会社bouquet小野寺友子・高橋玲衣
キャリア寺子屋での学びを、自分の未来にどう繋げて行くか?を、描きます。
・ライフとキャリアの関係を描く
・キャリア自立とは、そして、そのために必要なこととは
※DAY2(5/ 13)に向けての事前課題(自分の特性を知るシート記入)のご説明。
⑤13:00-14:00 ランチ交流会※ランチBOXと飲み物をご用意します)
ネットワーキングの時間です。講師も、ファシリテーターも参加します。お互いの学びに貢献し合うための、関係構築をします。

全体を貫くテイストは、教わる・教える、ではなく、学ぶ・引き出す。コーチングのエッセンスを取り入れ、一方的な講義ではなく、共に学び合う場を目指します。

【申し込み方法】
下記URLよりお申し込みください。
https://career-terakoya.peatix.com/
※Peatixへのアカウント登録が必要となります。
※Facebookイベントページへの「参加」だけでは申し込みとなりませんのでご注意ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう