ハラスメント防止措置を求める8,777名分の署名を提出してきました

こんにちは。平田です。

フリーランスや就活生のハラスメント 対策指針について議論を行う労働政策審議会雇用環境・均等分科会が来週月曜に開催されるにあたり、昨日、8,777名分の署名を厚生労働省へ提出して参りました。(私はどうしても予定調整できず、事務局長の中山が、MICフリーランス連絡会の杉村さんと日本俳優連合の森崎さんと行ってきてくれました)

署名への賛同、拡散にご協力くださった皆様にあらためて心から御礼申し上げます。

前回の労政審では、我々のアンケート調査結果を引用しながらフリーランスや就活生に対するハラスメント防止措置を求める各界の労働者サイドと、経営負担増を理由にあくまで防止措置の対象は従業員に留めるべきだという経団連や商工会議所など使用者サイドの意見が、真っ向から対立していました。

明後日はどのような展開になるのでしょうか。

フリーランス協会は労働組合ではありませんし、ジョブ創出プロジェクトなど企業支援の活動やコラボも沢山やっていますが、人権侵害に関わることはあってはならないと思います。(そして、ハラスメントの防止措置の対象にフリーランスや就活生を含めることがそんなに企業を苦しめる負担になるとも思えないです。負担だと感じる企業がいるとしたら、それこそハラスメントの横行が防止困難なレベルで拡がっているということ)

署名は引き続き募集中です。ぜひ賛同、拡散のご協力をよろしくお願い申し上げます。

▼ 第20回 労働政策審議会雇用環境・均等分科会 議事次第
令和元年 10 月 21 日(月)13:00~15:00
https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000548183.pdf

委員名簿
https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000540248.pdf

▼ change.org 署名ページ
フリーランス・芸能関係もハラスメント防止法の対象としてください!
https://www.change.org/stop-harassment

なお、フリーランス協会のアドバイザリーボードを務めてくださっている白河桃子さんが、委員を務められている男女共同参画会議男女共同参画会議で本調査結果について発表くださいました。白河さん、ありがとうございました!

ランキング


連載記事