【プレスリリース】「フリーランス白書2022」を発表〜「フリーランス実態調査」と「フードデリバリー配達員実態調査」の2本⽴て〜

自分の名前で仕事をしたい人のための非営利支援団体 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(東京都中央区、代表理事:平田麻莉、以下「フリーランス協会」)は、「フリーランス白書2022」を公開いたします。

フリーランス協会は、2022年4⽉20⽇に法⼈化5周年を迎えます。現在の総フォロワー数は6万5千⼈に迫り、⼀般会員(有料会員)も1万⼈を突破しました。
国内最⼤級のフリーランス・副業ワーカーの当事者団体として、当協会ではこれまでも、当事者の声を可視化し、広く届けるため、多種多様な実態調査を⾏って参りました。

今年のフリーランス⽩書は、多様な職種の会員・フォロワーを対象に例年実施している「フリーランス実態調査」(n=1,236名)と、⽇本フードデリバリーサービス協会の協⼒を得て実現した⼤規模な「フードデリバリー配達員調査」(n=13,844名)の⼆本⽴てです。ぜひご一読ください。

「フリーランス白書2022」目次

第1章 はじめに(フリーランス白書2022公開によせて)
第2章 フリーランスの最新実態調査
2-1 調査概要
2-2 仕事獲得経路と働き方満足度
2-3 コロナ禍の業務・収入への影響
2-4 経理・法務の電子化への対応
2-5 インボイス制度への対応
2-6 仕事の選び方とマイプロジェクト
第3章 フードデリバリー配達員実態調査
3-1 調査概要
3-2 インターネットアンケート
3-3 グループインタビュー
奥付

▶PDFダウンロードはこちら
フリーランス白書2022(全文)
・フリーランスの最新実態調査 自由回答(全件)
フードデリバリー配達員実態調査 自由回答(全件)


引用・転載にあたってのお願い

本調査結果は、下記条件に基づき、ご自由に引用・転載いただくことができます。

1)必ず下記のクレジット表記をお願いします。
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
「フリーランス白書 2022」

2)当協会事務局へ掲載報告をお願いします。
・ウェブサイトの場合:メールにて掲載 URL をお知らせください
・印刷物の場合:掲載された書籍や記事を郵送でお送りください
・テレビ放映の場合: 予め放映日をお知らせください。
もしくは、放映後に引用場面の画像キャプチャをメール でお送りください。

取材申込み、ご質問等のお問合せ

こちらのフォームよりお問合せください。広報担当より、お返事させていただきます。

■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について

「誰もが自律的なキャリアを築ける世の中へ」というビジョンを掲げ、自分の名前で仕事をしたい人のためのインフラ&コミュニティ。年会費1万円で賠償責任補償や所得補償制度、各種優待が使えるベネフィットプラン(福利厚生制度)の提供のほか、政策提言、キャリア支援、ジョブ創出、地方創生など、様々なプロジェクトが進行し、多彩なイベント運営等を行う。また、副業・兼業人材の仲介事業者19社・25サービスと連携した「求人ステーション」で、企業に対する副業・兼業人材活用アドバイス・コーディネートを実施。多様な働き方を志向する人々が安心して働くことができる環境づくりと、新たな活躍の場を広げる取組みを推進している。
フォロワー総数64,775名、一般会員数10,007名、法人会員271(内、コワーキングスペース127)社。(2022年3月29日現在)

<団体概要>
・法人名 :一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
・URL  :https://www.freelance-jp.org
・代表理事:平田麻莉
・設立 :2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
・所在地 :東京都中央区 八重洲2-8-7 福岡ビル4F DIAGONAL RUN TOKYO内

<参考>
フリーランス協会のベネフィットプランについて(動画)

 

 

 

share

検索

新着記事

人気記事