クライアントに朗報!ものづくり補助金でフリーランス・副業・兼業活用

ものづくり補助金の公募が、劇的変化を遂げて開始されました!

特筆すべきこととして、補助金を利用して、副業・兼業・フリーランス人材を活用しやすくなっております!

具体的には、公募が通年になり、事業実施期間が5ヶ月から10ヶ月に長くなり、報告書も簡単になり、更に「専門家経費」では謝礼金額が設定されていない職種でも、複数見積の取得でOK(1日5万円上限)となりました。これで、副業・兼業人材の活用に予算的な面でためらいのある企業様も、活用に挑戦していただきやすくなります。ぜひクライアントにご提案の際に、情報提供してみましょう。

公募概要はこちら(フリーランス協会で資料作成をお手伝いさせていただきました)
https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/gaiyou.pdf

その他、公募の詳細はこちらからご確認ください。
https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/reiwamono-0326koubo20200310.html

なお、「参考様式1 事業計画書記載項目参考様式1 事業計画書記載項目」の中で、求人ステーションのリンクも貼って頂いています。フリーランスDBで検索する企業も増えると思いますので、会員の方はフリーランスDBのプロフィールページを更新してくださいね。​

コロナで大変な観光業界、飲食業界、興行業界等の中小企業をフリーランスが支援できることもあるはずと思い、早急に対策を準備しています。ぜひプロフィールをアップデートしてお待ちください。

ものづくり補助金は個人事業主でも申請できますので、気になる方はチェックしてみてださい!

ランキング


連載記事