【プレスリリース】Uber Eats配達パートナー向けベネフィットプラン6月より提供開始

Uber Eats配達パートナー向けベネフィットプランを6月より提供開始
~ケガの保険と所得補償制度などのサポートで配達パートナーに安心を~

自分の名前で仕事をしたい人のための非営利支援団体 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (東京都中央区、代表理事:平田麻莉、以下「当協会」https://www.freelance-jp.org/ )は、この度、当協会のフリーランス向け福利厚生制度のOEM導入を希望するシェアリングエコノミーサービス運営事業者等の企業に向けて、「傷害補償付きベネフィットプラン」(以下、傷害プラン)を新たに提供開始いたします。

その第一号導入企業として、Uber Japan(東京都渋谷区)が提供するフードデリバリーサービス「Uber Eats」の配達パートナーに対し、6月1日より提供を開始いたします。傷害プランのOEM提供により、Uber Eatsの配達パートナーの皆様が安心して業務に取り組める環境づくりに貢献してまいります。


■傷害プランのサービス内容


■入会フロー ※Uber Eats配達パートナー向けベネフィットプランは6月1日より受付開始です。

入会申込み:      Uber Eatsの配達パートナー向け案内を通じ、各自入会申込み
入会承認・決済後即時: 傷害補償、WELBOXを除く全サービスの利用・利用申込が可能
入会日の翌月15日 :    WELBOX利用開始
入会日の翌々月1日 :     傷害補償スタート

■傷害プランの特長
個人事業主や法人成りしたフリーランスをサポートする、お得で安心な福利厚生制度で、資格や職種、ご経歴、開業届の提出有無を問わず、どなたでも利用できます。
主なベネフィットは、下記の通りです。
・24時間365日ご自身のケガによる入院等の際に補償を受けられる「傷害補償」※自動付帯
・健康診断や人間ドック、映画やレジャーなど幅広い優待が受けられる「WELBOX」※自動付帯
・ケガや病気による就業不能を補償する「所得補償制度」※任意
・無料電話一般相談付き報酬等トラブル弁護士費用保険「フリーガル」※任意
・専門家相談、モバイルWi-Fi、コワーキングスペース等のビジネスサービス優待※任意
・ベビーシッターや家事代行、定額住み放題サービス等のライフサービス優待※任意

■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について
「誰もが自律的なキャリアを築ける世の中へ」というビジョンを掲げ、自分の名前で仕事をしたい人のためのインフラ&コミュニティ。年会費1万円で賠償責任補償や所得補償制度、各種優待が使える「ベネフィットプラン」(福利厚生制度)や、フリーランス版イエローページ「フリーランスDB」を提供する。キャリア支援、社会保障、ジョブ創出、地方創生、信用資産などフリーランスに関連する様々なテーマで、実態調査や政策提言、サービス開発、多彩なイベント運営等を行う。
フォロワー総数31,950名、一般会員数4,166名、賛助企業210(内、コワーキングスペース100)社。(2020年5月1日現在)

 

<団体概要>
・法人名 :一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
・URL  :https://www.freelance-jp.org
・代表理事:平田麻莉
・設立日 :2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
・所在地 :東京都中央区 八重洲2-8-7 福岡ビル4F DIAGONAL RUN TOKYO内

 

本リリースに関するご質問、取材申込み等のお問い合わせ先
プロフェッショナル&パラレルキャリア·フリーランス協会 広報担当
E-mail: pr@freelance-jp.org

ランキング


連載記事