フリーランス協会を騙った不正クレジット決済にご注意ください

フリーランス協会を騙った身に覚えのないクレジットカード引き落としがされたという非会員の方からのお問い合わせが、3件発生しております。

いずれのケースも当協会での請求・引き落とし履歴はなく、また、ご報告いただいた決済金額も当協会の年会費とは異なる金額でした。

現在、しかるべき機関への通報も見据えて詳細を調査中ですが、お問合せに共通する内容として、クレジットカードの利用明細に「〇〇イッパンシャダンホウジンフリーランスキョウカイ」と記載されているようです。(〇〇にはSTやSQといった決済代行会社の略称が入っているようです)

当協会との接点にお心当たりがないにも関わらず、フリーランス協会を装った店名による身に覚えのないクレジットカード引き落としがある方は、
早急にご自身でクレジットカード会社に通知いただくのと合わせて、当協会でも不正利用に関する調査の協力をさせて頂きたく、
大変恐れ入りますが、当協会まで以下情報をお知らせ頂けますようお願い申し上げます。

▼通報先
support@freelance-jp.org

▼ご提供いただきたい情報
・お名前
・カード明細に記載されている利用店名(備考欄に書かれている場合もあります)

 ※「〇〇イッパンシャダンホウジンフリーランスキョウカイ」の〇〇にあたるアルファベットも含めてお教えください。
・決済金額
・決済日
・クレジットカードのブランド(VISA/Master など)
・クレジットカード会社名(楽天カードなど)
・クレジットカード番号下 4 桁

・クレジットカードの有効期限 (MM/YYYY)

該当される方にはご心配とお手数をおかけし大変恐れ入りますが、原因究明にご協力くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2021/4/20追記
この度はご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

情報提供者の方から寄せられた情報を基にカード会社、決済システム会社に問い合わせたところ、Stripe社より以下の回答がございましたので報告申し上げます。
—————
該当の決済は弊社を介して行われた他社事業者さまに対する決済であり、また貴社のお名前を使って行われた決済でもないようです。
例えば貴社のお名前を不正に使い、決済を行っている事業者さまが存在するわけではございませんため、その点についてはご安心いただけますと幸いです。

また、今回のように他社事業者さまに対する決済であるにも関わらず貴社のお名前が表示される件について調査したところ、大変まれではございますが、カード会社が明細書表記を表示する際に、他社の明細書表記を誤って記載することがあるようです。

こちらは非常にまれなケースであり、通常であれば弊社がカード会社に対して送信した明細書表記の情報、事業情報を明細書表記に反映させます。しかしながら、このケースは弊社からカード会社に対して送った情報が原因ではなく、カード会社側での処理上で発生している問題であるため、大変心苦しいご案内となるのですが、弊社側からこの事象の発生を予測したり対策することは難しくございます。

(中略)

この度は直接のお力添えとなれず申し訳ございません。
また、〇〇さまにはお客様への対応および弊社へのご連絡と大変お手数をおかけいたしました。
今後、万一同様のお問い合わせが再度発生した場合には、既にご対応いただいております通りカード会社までご案内いただき、それでも回答が得られない場合には弊社まで問い合わせするようご案内いただけますと幸いです。弊社にて回答および対応をさせていただければと存じます。
—————

これまでお問合せいただいた方はいずれも楽天カードユーザーであったことから、カード会社による明細書の誤表記の可能性が考えられます。
なお、実際の請求元がどの事業者であったかつきましては、実際にお支払いをされたカード利用者ご本人にのみ情報が開示できるとのことでした。
そのため大変恐れ入りますが、必要に応じて、直接カード会社もしくは決済システム会社にお問合せいただけますと幸いです。

share

新着記事

人気記事