【NEWS】求職者支援制度のご案内~働きながらステップアップ~シフト制で働く方や休業中の方などの転職を支援します!

\厚生労働省・ハローワークより、求職者支援制度のご案内です/

概要

「求職者支援制度」とは、再就職や転職を目指している方が、月10万円の生活支援の給付金を受けながら、無料の職業訓練を受講する制度です。雇用保険を受給できない求職者の方が対象です。
※職業訓練は、業務量の減少等にあるフリーランス等で就業されている方が、仕事との両立を図りながら職業訓練を受講いただき、職業能力を向上させて再就職および転職に役立てていただけるものとなっております。

新型コロナウィルス感染症が雇用に与える影響が長期化する中で、職業訓練(原則無料)を受講いただき、転職や再就職の支援をする制度(求職者支援制度)を拡充いたしました。フリーランス等で働かれる方の中で、収入が減少した方などは働きながら職業訓練を受けることができ収入が大幅に減少したなど、固定収入が少ない方については、訓練受講給付金(月額10万円)※要件ありの支給を受けながら訓練を受講することも可能です。

求職者支援訓練ってなに?

✓ 早期就職のためのハロートレーニング(公的職業訓練)です。
✓ 2か月~6か月の間で、就職に役立つ技能や知識を習得することができます。
✓ きめ細かな就職支援が受けられます。
✓ 受講料はテキスト代などの実費(1、2万円程度)を除き無料です。

制度を利用できる方は?

◎収入などが一定額以下の方
◎ ハローワークに求職の申込をしている方など(=特定求職者)
※ハローワークに求職登録の後で職員にご相談いただき、職業訓練などの支援が必要と認められることが必要です。まずお近くのハローワークまで!
◎全ての訓練に出席できる方
◎ これまでお仕事をされていなかった方も受講できます。
✘ 原則として、週20時間以上お仕事をされている方、雇用保険の失業給付をもらっている方は受講できません。
(雇用保険の失業給付をもらっている方は公共職業訓練をご利用ください。)

 

給付金(月額10万円)の詳細

無料の訓練に加え、一定の支給要件を満たす場合、訓練期間中、職業訓練受講給付金をもらうことができます。
【支給額】
・ 職業訓練受講手当:月額10万円
・ 通所手当:訓練実施施設までの通所経路に応じた所定の額(上限額あり)
・ 寄宿手当:月額10,700円(訓練を受けるために寄宿している方)
【支給要件】(以下のすべてを満たす方が対象)
・ 本人収入が月8万円以下
・ 世帯全体の収入が月25万以下
・ 世帯全体の金融資産が300万円以下
・ 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していないこと
・ 原則として、全ての訓練実施日に出席すること
・ 世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいないこと
・ 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがないこと
詳しくは、ハローワークにお問い合わせください。

訓練受講までのながれ

ステップ1 ハローワークに求職申込み・制度説明
ステップ2 訓練コース選択・訓練の申込み
ステップ3 訓練実施機関による選考・ハローワークによる受講あっせん
ステップ4 訓練受講開始

求職者支援制度の申し込みは、全国のハローワークで受け付けています。制度の詳細についてのお問い合わせやご相談は、最寄りのハローワークにお願いします。
全国のハローワークの所在地・連絡先

●本件詳細は厚生労働省HPでご確認ください。

share

新着記事

人気記事