コロナワクチン職域接種完了のご報告と御礼

こんにちは、ヒラマリです。すっかり涼しくなって秋、ですね。

9月25日、9月26日に新型コロナワクチン職域接種<東京会場>2回目を開催し、無事に1300名を超える会員の皆様とそのご家族に接種を完了いたしました。

思い返せば6月15日に東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌、広島、長野の全国8会場での実施に向けて希望登録を開始し、拡散にご協力頂いた方々のお陰もあって、東京で2000名、大阪で1000名の接種者を確保できる目途が立ち、ワクチン申請を行いました。
そこから、厚労省に想定以上の申請が殺到したこともあり、ワクチン供給に1か月以上の遅れが生じ、お待たせしていた皆様にはご心配をおかけしたかと思います。その間に自治体やクリニックでの職域接種が進んだだめ、東京会場の本予約の段階では、1300名ほどになりました。また、厚労省から接種者が1000名を下回る可能性がある場合は辞退するよう通達があり、大阪会場は止む無く断念せざるを得ないこととなりました。

接種希望登録を頂きながら惜しくも1000人に至らなかった名古屋、福岡、仙台、札幌、広島、長野の方々や、せっかくご期待いただいたにも関わらず接種できなかった大阪の方々には大変心苦しく、無念な思いです。ごめんなさい。

そんな申し訳なさもありながら、東京会場の接種者の皆様からはSNSや予約システムを通じて温かいレビューや感想を多数お寄せいただき、やっぱりやって良かったなと思いました。これを機にフリーランス協会を知れて良かった、一般会員になった、という声も沢山いただいて、事務局スタッフ一同、大変励みになっております。
事前資料のダウンロードや、会場内での注意事項等、スムーズな接種にご協力いただきましたことを含め、誠にありがとうございました。

300件近いレビューをありがとうございました!
首都圏全域から1300人強がいらっしゃいました

 

職域接種の実現にあたっては、本当に多くの方のご厚意とご協力に支えて頂きました。この場を借りて、深く御礼申し上げたいと思います。

●医療従事者派遣:湘南台ブレストクリニック様

大企業で職域接種をするという報道が出てから間もなく、「フリーランスや中小企業は蚊帳の外なんだなぁ」と思っていたところへ、大学のゼミの先輩で、私のFacebook投稿にもたびたび反応してくれていた湘南台ブレストクリニック院長の寺岡さんから連絡がありました。

その頃、大企業の依頼を受けて続々と職域接種の準備を進めていた寺岡さんは、
「個人事業主や中小企業の接種が全く目処が立っていないので気になります。体力がなく本当に苦しんでいるフリーランスだからこそ対応してあげたい気持ち(僕も個人事業主なので)です。フリーランスを1箇所に集めて行うとか、協会が取りまとめできるなら、ぜひ協力したい。取りまとめて大企業と並行してやれば効率は落ちないからと、政府に打診してもらいたい」
と熱いメッセージをくれました。(原文一部中略)

なんと!そうか!ボーっと眺めている場合ではないと、はっとしました。そこで事務局長の中山に「こんな話があって…すごーく大変になるかもしれないけど、やる?」と聞くと「やろう!」と即答が。
寺岡さんの粋な申し出のお陰で、職域接種実施の最大難問である「医療従事者の確保」がクリアできたことは、大きな幸運でした。

職域接種の実施が決まってからも、密を作らない会場設営やオペレーション、複雑な事務作業について、大企業向けに多数の職域接種を行ってきたご経験に基づき、細かいご助言をくださいました。
そして、接種当日も、かき集めてくださった医師・看護師のお仲間たちと一緒に、接種者の人たちがリラックスできるよう配慮しながら、1日650人強の接種を完遂してくださいました。

ワクチン特需で医療従事者の派遣費や諸経費が高騰する中、協会に負担のかからないようスーパー良心的にご対応くださったことも、なんと御礼を言ったら良いか分かりません。本当にありがとうございました!

湘南台ブレストクリニックの寺岡さん。会場計画の相談に伺った時。
ホスピタリティ溢れる対応にレビューでも多くの言及がありました

●会場提供:fabbit株式会社様

職域接種に挑戦することを決めて、最初に考えたのが「会場どうしよう」ということでした。密回避のためには広い会場が必要です。それに、職域接種は、会場利用、資材調達、スタッフ確保、予約システム開発など、ワクチン接種費以外の運営費全般を主催団体が負担する必要があるため、全国8カ所で実施するとなれば会場代もばかになりません。

そこで、フリーランス協会の提携コワーキングの中でも、全国展開していて敷地面積も広いfabbit株式会社の堀さんにダメ元でお願いしてみたところ、「フリーランスの皆さんのためになるなら」とすぐに社内を説得し、ボランタリーな協力にご快諾くださいました。

企業が自社社員向けに実施するのではない集合型職域接種においては、接種者から運営実費を集めて賄っているところも少なくないようですが、フリーランス協会が無料会員とそのご家族も含む広い対象で無料接種する意思決定ができたのは、fabbitさんと湘南台ブレストクリニックさんのご厚意のお陰に他なりません。

また、ワクチンのディープフリーザーを含む大量の資材備品の保管や、会場設営における細かすぎるリクエストに対していつも快く迅速にご対応くださり、週末にも関わらず接種当日も見守りスタッフを付けてくださるなど、手厚いフォローを頂きました。

事前準備から当日まで、何度も通いましたが、いつ行っても快適で居心地よい空間で、受付はなんかいい匂いがする(笑)、そんなfabbit大手町。東京駅からのアクセスが抜群で、個室からフリーアドレス席まで契約プランも色々、1 Day Passもあるので、お近くの方はぜひご利用をご検討ください!

東京駅直結のfabbit大手町
接種会場として利用した2Fの他に、実は3Fもあります

●接種者募集の拡散をしてくださった皆様

職域接種を実施するには、1会場1000人以上集めるという要件がありました。そこで、多くの会員の皆様が、SNS等で接種希望登録のニュースを拡散してくださいました。頑張ってシェアしてくださったのに、実現できなかったエリアの方々には重ね重ね申し訳ない気持ちですが、お気持ちに感謝です。

また、Warisさんやココナラさんをはじめ、フリーランスのジョブマッチングをしている賛助企業の皆さまや、文化庁、日本フードデリバリーサービス協会(JaFDA)、その他様々なインフルエンサーの方々も、フリーランス協会の職域接種についてお知らせしてくださったほか、心あるメディアの方々も接種者募集について報じてくださいました。心から御礼申し上げます。

●厚労省、河野大臣室の皆様

細かい質問や相談にたくさん乗っていただき、なんとか無事に接種完了することができました。ここでは書ききれないくらい、ありがとうございました!

●CIC Tokyoさん、森ビルさん、freeeさん

実は私は寺岡さんから連絡を頂いた時点で、パラレル経営しているアークレブが入居するCIC Tokyoのお陰で、幸運にも虎ノ門ヒルズの職域接種への参加が決まっていました。また、事務局長の中山は、freeeがユーザーに呼びかけたfreee×アカツキ×ラクスルの職域接種に参加させて頂きました。この2つの職域接種会場を我々が事前に経験できていたことは、フリーランス協会でのオペレーションを検討する上で非常に参考になりました。貴重な機会をありがとうございました。

●当日運営スタッフの皆さん&事務局メンバー

1日650人の接種会場を運営するには人手が必要です。しかし、フリーランス協会はフルリモート組織で全国に事務局メンバーが点在しているため、実は東京でフレキシブルに動けるメンバーには限りがあります。そこで、ワクチン接種済みの事務局メンバーの知り合いや大学生のお子さんたちにも加わってもらいました。

ワクチン未接種者が集まる会場ということで感染リスクもゼロではないのに、「フリーランスの皆さんのお役にたちたい」と快く引き受けてくださって、助かりました。
レビューで書いてくださった方がいたとおり、単発イベントの即席チームにも関わらず、それぞれの持ち場で、極上のホスピタリティと知恵をもって、スムーズで温かい会場運営を実現してくれた、最高のチームだったと思います。

また、例によって突然の「職域接種やることにしたので一両日中に希望者登録始めたいのですが!」という無茶ぶりに答えて、マイページ改修や無料会員の本人確認対応に応えてくれた開発チームや、相次ぐ質問や予約変更の依頼メールに丁寧に応えながら完璧な会場設営とオペレーションを準備してくれた鈴木と中山も、お疲れ様でした~。

お疲れ様でした!
安心の輪を広げる接種完了シールをお配りしました。ぜひ使っていただきたい!

・・・と、協力してくださった様々な方の顔を思い浮かべながら感謝をつづっていたら長くなってしましました。ここまでお読みくださった方、ありがとうございます。

一人ひとりは小さな個人でも、みんなで集まれば大きなことも実現できると信じてフリーランス協会は活動しています。今回の職域接種に限らず、引き続きフリーランス向けベネフィットプランの提供や政策提言を通じて、「小さな声を、大きな声に」を体現して参りたいと思います。

来月には、「フリーランス白書2022」のアンケート調査も始まる予定です。
多様なフリーランスのリアルな声を広く政府や社会に届けるため、その際はぜひご協力をお願い申し上げます。

今日から緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が全面解除されましたが、職域接種に参加された方も、その他の方も、どうぞお大事になさってください。

そして、新型コロナワクチンの普及により、皆様が少しでも早く通常の生活と営業活動に戻れますよう願っております!

 

share

新着記事

人気記事