立憲民主党でフリーランスの現状と課題についてお話ししました

こんにちは、ヒラマリです。最近、すっかり初夏っぽさを感じますね。

今日は立憲民主党の意見交換会にお招き頂き、「フリーランスの現状と課題」についてお話し申し上げてきました。
ご質問も沢山いただき、ご関心をお持ちいただいていることを大変心強く思いました。

説明に使った資料はこちらです。

具体的には、
・フリーランスとは
・フリーランス支援・保護政策の歩み
・課題①準従属労働者問題
・課題②セーフティネット格差
についてお話ししてきました。

業務委託契約を締結しているものの特定企業への従属性が高く働き方の実態が労働者に近い一部の人たちを、どのように労働者認定して保護していくのか、
そして全てのフリーランスや起業家に共通する大きな課題である、働き方に中立な社会保険制度をどのように実現していくのか、
ぜひ与党と野党で一丸となって議論を重ねていって頂きたいと願っております。

我々も、会社員という働き方が難しい立場や状況に置かれている方々も含めて、誰もが多様な働き方の中から自分に合った働き方を安心して選択できる社会に向けて、引き続き地道に活動してまいりたいと思っております。

貴重な機会をありがとうございました。

share

新着記事

人気記事