現金給付について~私たち「小規模事業者」なんです、実は~

ヒラマリです。先ほどの首相会見で、現金給付について言及がありました。

今後10日程度のうちに詳細は公表するとのことですが、休業を余儀なくされている、収入が激減しているフリーランスについても検討が進んでいます。その他の施策も制度設計してもらっています。発表まで、今しばらくお待ちください。

明けない夜はない。

4/11追記 持続化給付金に関する最新情報はこちらをご参照ください

【新型コロナ関連】個人事業主100万円、法人200万円!「持続化給付金」まるわかり

<2020.3.28 首相会見より>

「中小・小規模事業者の皆さんには、すでに実質無利子・無担保、最大5年間、元本返済据え置きという大胆な資金繰り支援策を講じてきたところですが、この無利子融資を民間金融機関でも受けられるようにいたします。

さらに融資だけではなく、皆さんにこの困難を乗り越えていただくために新しい給付金制度を用意いたします。現下の厳しい現実を踏まえ、これまでにない規模で、前例のない中小・小規模事業者支援を実施いたします。
仕事が減るなどにより収入が減少し、生活に困難を来すおそれがあるご家庭には、返済免除も可能な小口資金支援、税や公共料金の支払いの猶予などをすでに進めてきましたが、これに加え、思いきった生活のための給付を実施してまいります。」
首相記者会見全文(4)「一気に日本経済をV字回復」「来年の五輪・パラを成功させる」(SankeiBiz)より

「個別のヒアリングを行ってまいりましたが、厳しい状況に置かれている方々、本当にたくさんおられると思います。まさに日々の資金繰り、当面のキャッシュがないという方々もたくさんおられるわけでございますので、そうした中小・小規模事業者の皆さん、フリーランスや個人事業主の方々、そして、まさに日々の生活、大変に不安を感じておられる方々がたくさんおられますので、冒頭申し上げましたように、そうした皆さんのですね、事業を継続していただくために、あるいは生活をしっかりと維持をしていただくために現金給付を行いたいと考えています。」
首相記者会見全文(5)「生活維持のため現金給付」(SankeiBiz)より

※なお、私たちの多くが「中小・小規模事業者の皆様」と言われてもピンと来ないと思いますが、フリーランスは政府用語だと、「小規模事業者」に区分されています

既に出ているフリーランス向け支援策もご覧ください。

【新型コロナ関連】最大80万円が無利子・保証人無しで貸付可能に(償還免除あり)
https://blog.freelance-jp.org/20200316-7588/
【新型コロナ関連】小学校や保育園等の休校でお仕事できなかった方の支援金申請受付開始
https://blog.freelance-jp.org/20200318-7624/
【新型コロナ関連】個人事業主が使える資金繰り支援(最大3000万円まで実質無利子・無担保など)
https://blog.freelance-jp.org/20200320-7726/
フェーズは変わった。要請から、制度設計へ(コラム)
https://blog.freelance-jp.org/20200324-7860/

4月7日の緊急事態宣言と併せて打ち出された支援策の詳細はこちらからご確認ください。

【新型コロナ関連】個人事業主100万円、法人200万円!「持続化給付金」まるわかり
https://blog.freelance-jp.org/20200412-8306/
【新型コロナ関連】所得税・法人税・消費税、地方税を1年間納付猶予など
https://blog.freelance-jp.org/20200412-8287/
【新型コロナ関連】アーティスト・イベント主催者に朗報!チケット返金の寄付金控除が可能に
https://blog.freelance-jp.org/20200411-8264/
【新型コロナ関連】東京都が休業要請の協力事業者に「感染拡大防止協力金」
https://blog.freelance-jp.org/20200410-8230/

 

ランキング


連載記事