神戸市にフリーランスパートナーシップアワード大賞トロフィーを授与

フリーランス協会 代表理事の平田は、12月3日に神戸市役所を訪問し、今西副市長と副業・兼業人材活用の可能性と神戸市内での活用推進の取組みについて懇談しました。また、自治体自らが先陣を切って副業・兼業人材を活用して成果を出した実績が評価され、神戸市がWeb投票を経て大賞を受賞した第3回フリーランスパートナーシップアワードのトロフィーを授与いたしました。(神戸市のフリーランス活用事例のインタビューはこちら

今西副市長は、「神戸市の副業・兼業人材活用の取り組みが評価されたことを大変嬉しく、光栄に思う。こうした取り組みをしっかりと神戸市内の企業に広げて、社内だけでは対応困難な経営課題の解決や、企業成長に活かしてもらうことが大事だと考えている」とお話しされていました。

その後、フリーランスパートナーシップアワード受賞のきっかけとなった定常的な副業人材活用を行っている広報戦略部の皆さん、首都圏プロモーションチームの栗山さんとも記念写真撮影を行いました。

なお、神戸市の副業・兼業人材活用推進の取組みについて、テレビ大阪「やさしいニュース」第2部(17時頃)で放映される予定だそうです。

※追記:12月10日のテレビ大阪「やさしいニュース」の放映VTRはこちら

share

新着記事

人気記事