フリーランスだからこそ、できることを考えたい ~支援される側から、支援する側へ~

こんにちは。外出自粛要請の出ている東京の自宅から、ヒラマリです。

米シアトルにある家族経営の老舗高級レストランが、コロナショックを受けて、速やかにダイニングルームを閉鎖し、3つのポップアップ店をオープンして業態変更したという話が話題です。(「米国の老舗高級レストラン、新型コロナ対応で見事な業態転換」日経X TREND)

日本の飲食店や食品業界でも通販やデリバリーに変更する動きは既にチラホラ出ています。

例えば、福岡の養鶏場「あかね農場のつまんでご卵」の竹野社長がご自身のFacebookで以下のように呼びかけたところ、あっという間に注文が殺到し、むしろ発送の準備と在庫が追いつかずお詫び文を出す事態に。

こちらの詰め合わせセットは私も購入しました。

こうした動きは、今後ますます増えていくでしょう。いつ客足が戻るか先が見えない状況。長期戦になるかもしれない。政府からの救済措置を座して待つだけではなく、機転を利かせてスピーディーにキャッシュを作ったり、業態変更をしたりすることが重要です。

そのためには、事業計画を引いたり、注文受付や通販を行うシステムを立ち上げたり、新業態を始めたことを広報したり、とやることが沢山あります。

フリーランスや副業・兼業人材が手伝えることがあるかもしれません。

フリーランスは多様です。窮地に陥っている職種もいれば、支援する側に回れる職種もいます。実際のところ、フリーランスの大半は普段からリモートワークに慣れており、多少売上が減りながらも、定常運行で業務をこなしています。(私もその一人)

私たちは、救済を求めているだけではありません

政府に支援策を働きかける一方で、私たちだからこそ出来ることがないか、必死に考えたら、こんなアイディアが生まれました。

▼フリーランスの無料検索・閲覧サービス「フリーランスDB」が誰でも登録可能に!
財務・経営企画・Web制作・マーケティングなど、コロナショックで窮地に陥る企業の助っ人を大募集

▼業務委託人材活用の無料相談・一括問合せ窓口「求人ステーション」に認定マッチング事業者13社が参画
副業・兼業人材を活用する経営再建支援プログラムで、認定マッチング事業者の仲介料が割引または無料に

経営再建支援の助っ人イメージ
財務・経営企画:緊急融資を受けるための事業計画策定・資金繰り支援
Webデザイナー・エンジニア:ECサイトやクラウドファンディングの立上げ・運用支援
社労士・中小企業診断士:助成金・補助金申請支援
人事・総務:リモートワーク導入や働き方改革推進の支援
イベントプランナー:オンラインセミナー・イベントの企画・運用支援
業務改善コンサルタント:業務効率化による固定費削減支援
広報・Webマーケター:販促・マーケティング支援
新規事業創出コンサルタント:新規事業創出支援、事業領域転換支援 など

こちらは、ピンチの時に、外部人材だからこそ価値を発揮できた素晴らしい事例です。コロナショックでも、このような貢献ができるフリーランスや副業・兼業人材が、きっとたくさんいるはずだと私は信じています。

島の生命線「大島大橋」の衝突事故。大ピンチの中、副業人材は言った「チャンスじゃないですか」。瀬戸内ジャムズガーデン|11月1日 Independent Power Fes 2019 フリーランスパートナーシップアワード受賞者インタビュー

ぜひお役に立てることを願っています。

副業・兼業人材に支援を依頼したい方へ:まずは求人ステーションお問合せください

我こそはというフリーランス、副業・兼業の方へ:ぜひフリーランスDBコチラからご登録ください

 

ランキング


連載記事