【イベント】クラウドソーシング協会主催「先輩フリーランスが語る!スキルに合わせた上手なプラットフォーム活用セミナー」

政府が推進する多様な働き方の検討についての最新動向が分かる!「先輩フリーランスが語る!スキルに合わせた上手なプラットフォーム活用セミナー」

2017年3月に政府が働き方改革実行計画を発表し、まもなく1年となります。厚生労働省では、「柔軟な働き方に関する検討会」を実施し、自営型テレワーカーの活躍推進につながるガイドラインを作成。2017年12月25日に報告書が発表され、今月より解説、周知がはじまる予定です。
あわせて、副業・兼業の促進に関するガイドラインも新たに作成され、モデル就業規則においても副業は原則OKとなるように改訂されるなど、着々と個人事業主としての活躍のフィールドが広がる整備がなされています。

一方で、現在、日本で就労している方の多くは被雇用者として働いており、個人で業務委託契約を締結し、業務をする経験や留意点の把握が十分とはいえない状況にあります。そのような中、業務発注先との出会いや、契約締結支援、未払い防止機能などを有するクラウドソーシングサービスなどのプラットフォームの活用は、個人で業務受託をスタートするビギナーの方にとっては安心して仕事を請けるための一つの選択肢になっています。

2013年以降、クラウドソーシングの認知の広がりとともに、日本におけるプラットフォームサービスも100を超え、各社特徴を打ちだしサービス展開するようになりました。利用者にもすきまワーカー・副業ワーカー・起業準備者など、さまざまなバックボーンの方がおり、多様なサービスがあるうち、どのプラットフォームが自身の利用に向いているのかの認知は少ない状況です。

そこで、個人業務受託のスタートから独り立ちしたフリーランスとなるまで、目的やステップを整理し、どのタイプのプラットフォームの利用が適しているのか、職種や経験をふまえて理解できるよう整理しお伝えするとともに、実際にステップを経た先輩フリーランスとのトークセッションにて、プラットフォーム活用のポイントや留意点をまとめていきたく思います。

[開催概要]

■開催日時
1月26日 13:30-15:30(開場13:00)

■開催場所
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
株式会社クラウドワークス セミナールーム

■プログラム内容
第1部:プラットフォーマーの活用類型と付帯提供サービスの現状について(事業者より)
第2部:ガイドライン改定の内容ポイント
第3部:パネルディスカッション
・プラットフォーマー活用から独立受注へのテイクオフのポイント
・日本における個人事業主の活躍推進にむけ必要な環境整備とは

[登壇者]
・一般社団法人クラウドソーシング協会 事務局長 湯田健一郎
・一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事 平田麻莉
・先輩フリーランサー

■主催
一般社団法人クラウドソーシング協会

■共催
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

▼お申し込みはこちら▼
https://www.facebook.com/events/1778101232495040

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう