【イベントレポート】本を紹介し合いながら働き方について考えた読書会!参加者同士で共有した内容とは!?

2019年4月19日に福岡市のバー「Baguette」さんをお借りし、フリーランス協会主催のイベントを開催しました。

このイベントは参加者同士で自身の働き方に影響を与えた本を紹介し合って、働き方について考えることを目的にして開催しました。そして、僕ツダケンゴと大庭貫治もフリーランス協会のメンバーであり、このイベントの主催として参加。このレポートでは、そこで行ったプログラムなどを紹介します!

▼イベント概要
日時:2019年4月19日(金)19:00~21:00
場所:Baguette(福岡市中央区谷1-12-30)
概要:フリーランスのための読書会”イキイキと働ける環境とは何なのか”を考える読書会

コンセプトは”気軽に働き方を考える”

今回の会場となった「Baguette」の入口に飾られている看板

今回のイベントでは、裏テーマとして”参加者同士が楽しみながら働き方について考える”ことができれば良いなという想いがあったため、BARを借りてお酒を飲みながら参加できる形式にしました。

パスタや生ハム、チップスなどを食べながら参加者同士で交流できた時間となりました。次の段落からはどのようプログラムでイベントを実施したのか紹介します。

自己紹介

スパゲティやピザなどを囲いながら自己紹介を行いました

参加者同士が積極的に交流を図るためには、緊張をほぐすことが大事!ということで、はじめに1人1〜2分程度の自己紹介をしました。

エンジニアやパーソナルトレーナー、貸会議室の運営者などさまざまな業種の人が参加し、イキイキとした表情で自己紹介をしている姿を見ることができました。

自身の働き方に影響を与えた本の紹介

自己紹介を終えた後は自身の働き方に影響を与えた本の紹介していきました。各参加者がそれぞれ想い入れのある本を熱く語っており、この本と出会えたおかげで人生が変わった!と話していた人も…!

例えば『人の心を動かす文章術』という本を読んだ人は、学生時代に作文が苦手だったにも関わらずこの本のおかげでライター活動ができているとか。自分の苦手なジャンルを克服するために、この本を呼んだそうです。

思わず涙がこぼれそうになった場面もあり、”本との出会いで人生が変わることもあるんだな”と感動した自分がいました。さらに「あぁ~この本知ってるー!!」と気持ちが高ぶっている参加者の姿を見ることができたのも、イベントを開催して良かったと感じた瞬間でした。

ちなみに僕が紹介した本は『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』です。これは、自分の魅せ方で周りからの印象を変えられるという内容などが載っている本です。仕事で自信を持てなかった自分に、勇気を与えてくれました。

参加者同士のディスカッション

本を紹介し合った後は、参加者同士でディスカッションを行いました。お酒や料理を味わいながら働き方に関する想いや気持ちを伝え合っていて、真剣に考えながらも和やかな空気が漂っていました。

そこではこんな意見も。
「自分のライフスタイルに合った働き方をしたい」
「好きなことを極めて、仕事に生かしたい」
自分が望む働き方って大事だなと思いました。

自分の理想とする働き方の他に、夢や希望、ライフスタイルを充実させたいという想いを持ち、今とは違う人生の歩み方を考えている人も多かったです。

僕も、楽しい人生を送るためにワークライフバランスを考えながら働きたいと思います!

5年後にどのような働き方をしたいかをスピーチ

参加者同士でディスカッションをした後は、5年後にどのような働き方をしたいかを1人ずつスピーチをしていただくことにしました。

「働く回数を減らしつつ、今の収入を維持したい」と収入の面について語る人もいれば、「自分とは違う特技を持っている人とチームを組んで仕事に励みたい」と、新しい可能性を模索したがっていた人もいます。なかでも整体の知識を持っている参加者が語った「独自のコンテンツを開発して、顧客へ提供できるサービスを展開したい」というスピーチは印象に残っています。

なぜなら、整体院に行かなくても整体のサービスを受けられるコンテンツを開発したいと熱く語っていたからです。足が不自由で整体院まで行くことができない人にも、整体のサービスを受けてほしいという想いを強く感じたため感銘を受けました。

理想とする5年後の生活に対して、さまざまな想いを持っている人が多いことに気付かされました。自分が描く人生を手に入れるためには、こんなふうに働き方について真剣に考える機会を作ってみることは重要かもしれませんね。

まとめ

イベント終了後に、参加者からはこんな嬉しい感想をいただきました。
「さまざまな本を知ることができて、自分のためになった」
「本というツールがあったため、参加者同士の交流もスムーズだった」
「人数、場所、費用など参加しやすいイベントだった」

僕にとっても、参加者同士が楽しみながら、働き方について考える会になり、とても充実した時間でした。僕は執筆活動をしていることが多いですが、自身のプライベートについてもっと真剣に考えながら働こうかなと思いました。いろいろな働き方があることを知ったりプライベートの時間を確保する大切さに気付けたりした会になったため、開催して良かったです!

今後もフリーランス協会福岡HUBでは参加者同士が交流できるイベントを開催する予定です。福岡にお立ち寄りの際はぜひご参加ください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう