所得補償制度が大きく拡充!働けなくなったときの長期の就業不能も補償

2018年10月から、フリーランス向け福利厚生制度『ベネフィットプラン』の所得補償制度(任意加入)が拡充されます。

フリーランス協会と損保ジャパン日本興亜は、2017年9月にフリーランス向け福利厚生制度『ベネフィットプラン』の提供を開始しました。

フリーランスは会社員と異なり労災保険のような社会保障によるセーフティネットがなく、就業不能が収入減に直結し、生活に及ぼす影響が大きいと言われています。そのため、数あるベネフィットプランの中でも、フリーランス自身の病気やケガによる就業不能に備えた所得補償制度(補償期間1年、任意加入)が大変好評です。(※リンク先パンフレットは制度拡充前のものです)

このような状況をふまえ、現在の所得補償制度に、新たに長期の就業不能に備えたプランや介護に備えたプラン等を2018年10月から追加します。

■新たに追加する補償プランおよびサービス

2018年10月から『ベネフィットプラン』に追加する補償プランおよびサービスは次のとおりです。

(1)長期所得補償(GLTD)プラン
病気・ケガによる長期の就業不能に備えた長期所得補償に、個別に加入するよりも20%割安な保険料で加入することができます。(最長70歳まで補償)

(2)親孝行サポートプラン・介護サポートプラン
 ①親孝行サポートプラン

親(補償対象者)が要介護2~5に認定され、その状態が90日を超えて継続した場合、親に一時金をお支払いします。

 ②介護サポートプラン
本人(補償対象者)が要介護2~5相当に該当され、90日を超えて継続した場合、本人に一時金をお支払いします。

(3)【加入者向け】各種サポートサービス ※ご加入プランにより利用できるサービスが異なります。

 ①メンタルヘルスサービス 
電話による臨床心理士等の個別カウンセリングなどのメンタルヘルス相談

 ②メディカル&関連サービス
健康・医療相談、介護相談、育児相談、健康管理相談、医療機関情報提供 など

 ③介護サポートサービス
家事代行サービス、配食サービス、見守りサービス、有料老人ホーム等紹介サービス など

▼資料請求はこちらから!※ご入会前でも請求可能です
https://www.freelance-jp.org/inquiries/insurance

多様な働き方の進展によりフリーランスの活躍の場がますます拡大する中で、フリーランス自身の病気やケガによる長期の就業不能や親の介護により働けなくなるリスクに備えた所得補償等を新たに提供することで、フリーランスがより安心して活躍できる環境の充実を図ってまいりたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう