【協会一般会員インタビュー】「ベネフィットプランの補償が仕事の獲得につながりました」城みのりさん(後編)

フリーランス協会の一般会員の城みのりさんへ、インタビューをさせていただきました。前編の記事ではフリーランス協会との出会い、フリーランス協会一般会員の特典である保険をどのように仕事に活かしているか、お話を聞かせていただきました。

▼前編記事はこちら
https://blog.freelance-jp.org/interview-user-jousan-part1/

後編記事では、一般会員特典のベネフィットプラン、そして城さんのお仕事のこれからについてお話を伺いました!

ベネフィットプランの活用方法について

クライアントとのやりとりにチャットワークを利用

フリーランス協会の一般会員特典であるベネフィットプランでは、チャットワークの優待を利用しています。

これまでも利用していたのですが、協会のベネフィットプランを利用してチャットワークでスレッドをたくさん立てることができるようになりました。クライアント様とのお仕事でもチャットワークを使っています。1つのスレッドに18人のメンバーがいて、(城さんが)指示を出しながら仕事を進めています。

クラウド会計のfreeeも便利

会計ソフトはこれまで使っていた会社から、クラウド会計のfreeeに変えました。

freeeは協会のベネフィットプランの中にも無料プランがありますよね。私の場合は以前に無料プランを使ったことがあったためか改めて使うことができなかったんですけど。使ったことがない方は試してみてもいいかもしれません。やはり使ってみないとわからないですから。

シッターサービスも使ってみたい

フリーランス協会のベネフィットプランは他にもあるので、いろいろ利用してみたいです。

クーポンが大好きなのでベネフィットプランのクーポンはしっかり活用したいですね(笑)WELBOXもアプリで確認してみたいです。

我が家は4歳の女の子が1人いて、土日は家族と分担していますが、平日はワンオペで回しています。特に今後使ってみたいのは、シッターさんのサービスです。

これからの仕事について

2018年3月末で個人事業主になって1年でしたが、それを待たずに3月23日に法人化しました。

個人事業主として仕事をしているクライアント様の業界上、どうしても個人事業主とは契約できない会社様がいらっしゃることがあったことが、法人化した理由の一つです。

と言っても、フリーランスという言葉の響きが好きなんです(笑)従業員を雇うためではなく、ほぼ私が軸で動く法人なので、フリーランスのようなものです。

顧問弁護士の契約はもうしてしまっているのですが、協会の一般会員のプランでそういった相談もできるのは良いですよね。

これから会員になる人に使ってみて欲しいのは、コワーキングスペースのプラン

コワーキングスペースのプランも利用してみたいです。法人化するフリーランスの方向けに、スペースが利用できるだけではなく登記できるコワーキングスペースの契約ができるとより良いと思います。

自分が法人化したからこそわかったのですが、登記できるコワーキングスペースって、あるようでないんです。あっても安くて5万円〜です。

登記できて、価格が2万円代のコワーキングスペースなどもありますが、常に混んでいます。登記できて、ワーキングスペースが利用したいときに利用できて、価格がフリーランス協会価格で利用できるようなベネフィットがあるととても嬉しいという方が多いのではないでしょうか。

編集部より

フリーランス協会のベネフィットプランや家事サポートサービスを活用して、のびのびと活躍をされている城さん。「まだ協会の一般会員ではない」という方は、ぜひ城さんの事例を参考にしていただいたら嬉しいです。

編集部では今後もベネフィットプランを上手に活用している協会一般会員の方へのインタビューを続け、活用例を発信してまいります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう